MENU

Interview 先輩インタビュー

INTERVIEW
2014年入社

監査部第1課所属

根本 行章 yasuaki nemomto

業務内容を教えてください。
これまでに苦労など
ありましたか?

巡回監査では、午前1件・午後1件で1日2件のクライアントを訪問します。診療中に資料を頂き数字をまとめ、診療後に院長に売上、原価率、人件費率等の具体的な数字を報告します。合わせて今後の見通しや、財務上の問題点、先生からのご質問等にもお答えします。

私は28歳で入社しましたので、経営者は年上の方ばかりでした。そのため数字が悪い時の報告には苦労しました。人生の先輩に対して具申する形になるため、一方的に報告をするような物言いではなく、できるだけ改善策を織り交ぜて、プラスに受け取ってもらえる工夫を講じるように心がけていました。

やりがいを感じるときは
どんな時でしょうか?

20代から経営者と直接やり取りができる仕事はそれほどないと思いますので、非常に貴重な経験だと思います。また、クリニックの数字を全て把握しているので、財務状況に則ったアドバイスもでき、院長と二人三脚で経営に携われているというのもやりがいの一つですね。

私はできるだけクライアントと密な関係を作るために、電話にはすぐ出る、質問に対しては丁寧に答える等、できるだけ親身な姿勢で接するように心がけています。そういった関係性のなかでお客様のお知り合いをご紹介頂いた時は、担当者として信頼してもらえているのだと思える嬉しい瞬間です。

働きながら大学院に
通っていますが、
大変ではないですか?

実務を経験しながら学術的な知識を増やしていくことは、とても相乗効果があると思います。
仕事が終わってから勉強することはもちろん楽ではありませんが、学生とは違って明確な目標を見ながら勉強できますのでモチベーションは高く維持できます。そのため気持ちの面では特に大変だという感じはありません。

タイムスケジュールに関しても事務所からは平日の直帰を認めてもらったり、業務量を抑える等、様々な配慮をしてもらっています。これから試験を視野に転職をされる方にも、その点では安心してもらって良いと思います。

ACCESS
ENTRY