MENU

Interview 先輩インタビュー

INTERVIEW
2014年入社

みなとみらい行政書士法人所属

二ツ木 佑 yu futatugi

当事務所へ入ったきっかけは
何ですか?

以前は他の行政書士法人で働いていましたが、当事務所が医療関係に特化しているという点に興味を持っていました。実は一度目の応募では最終面接で不合格になってしまい、不動産業界へ転職しました。しかし心残りでもあり、当事務所が業容拡大のため拡張移転するという話を聞き、再チャレンジを経て入職できたという経緯があります。

面接時における所長の話から、髙田会計の大きな将来性を感じたことと、幅広い業務を通してスキルを高められると思ったことが志望動機です。

実際に働いてみて
感じた違い等ありましたか?

前職では医療関係業種との関りが無かったため、普段接することのない医療業界の方と関わることが大きな違いではありました。もちろんお客様はこちらをプロとしてみるため、質問に対して正確かつ早急に回答をしなければならないというプレッシャーはありましたが、クライアント数が非常に多いため場数を踏めることで自然と慣れていきました。

他には給与計算や確定申告等、本来行政書士業務では扱わない業務に関わるというのは大きな違いです。ただ、それらに必要な知識は法人成りの手続きの際に非常に有益なので、行政書士にとって重要な経験だと実感しています。

働き方について。

私は暇でやることがないのは嫌ですが、かと言って忙し過ぎて休日出勤が続くのも違うと思います。自分のさじ加減でワークライフバランスを取りながら働けるのが理想なのですが、そういう意味では当事務所の働く環境はそれに近いと実感しています。

また、事務所の雰囲気は部署を超えてコミュニケーションがとりやすい風土だと思います。ただ入社した頃と比べてスタッフの人数が増え、ベテランと若手の年齢差が開きました。そのような環境でも年代や社歴に関わらず風通しの良い職場にしたいと思うので、私自身がパイプ役になって、良い職場環境を継続していきたいと思っています。

応募者の方へメッセージを
お願いします。

たまに短期間で辞めてしまう方がいますが、この仕事は長く経験するほど醍醐味を感じられると思います。また髙田会計事務所自体が年々拡大しているため、ダイナミックさやスケールメリットも感じられるのではないでしょうか。長く在籍すれば相応に報われる土壌もありますし、何より多くの経験とスキルが身につきます。

一生の仕事として続けていきたい、という方にはぜひ入職してほしいと思います。

ACCESS
ENTRY