MENU

Interview 先輩インタビュー

INTERVIEW
2019年入社

社労保部第1課所属

金城 春佳 haruka kinjyo

髙田会計を選んだ理由は
何ですか?

前職は企業で人事業務をしていたのですが、資格を取って専門的な立ち位置で仕事をしたいと思っていました。当事務所には実務未経験で入り、働きながら社労士資格を取得して活躍している方がいると聞いて入職を決めました。

実際に働いてみて思った事務所の魅力は、クライアント数が非常に多いので、開業、移転、法人化、分院開設から閉院まで、手続きや労務相談について幅広く経験できることだと思います。また会計事務所が母体と言うことで、所得税や住民税、年末調整等の人事労務に関係する税務知識が身につくこともメリットだと感じています。

勉強しながら
働くことについて。

働きながら社労士試験の勉強をする利点は、疑問点がすんなり頭に入ってくることだと思います。テキストでの勉強は点の知識になりがちですが、実務では現場で起きた問題の前後関係を知ることができ、またそれに関連するより深い知識にも触れられるため、点が線になってインプットされやすくなります。テキストと実務の経験がそれぞれ予習と復習の関係になっている感覚ですね。

また勉強だけしていても、その知識が実務でどう役立つのかなと疑問に思ってしまうので、覚えた知識を実務でアウトプットしながら勉強をすることはメリットが非常に大きいと思います。

繁忙期はどうしても勉強の時間が確保しづらいのですが、そういう時はできるだけ空白の期間を作らないようにしています。例えば時間が限られる平日は一問一答を中心にして、時間が取れる休日に授業を受けたり、まとまった時間が必要な勉強をするようにしています。こまめな時間の確保がポイントだと思っています。

今後の目標や女性の立場から
働く環境について
教えてください。

今は手続きも労務相談も先輩を見て勉強しながら進めていますが、ゆくゆくは一人でクライアント様の意思を読み取って労務相談に応えられるようになりたいです。ただの手続き屋さんではなく、クライアント様のためのコンサルティングができる社労士を目指しています。

働く環境としては、当事務所は男女比率が半々でバランスが良いと思います。女性管理職も多いので、自分のキャリアプランの目標にしやすいです。あと自社ビルなのでセキュリティがしっかりしていて安心感があり、所内が清潔というのもありがたいですね。

ACCESS
ENTRY