MENU

Interview 先輩インタビュー

INTERVIEW
2018年入社

社労保部第2課所属

金子 玲 akira kaneko

どのような経緯で
社労士になったのですか?

前職ではホテルの営業マンとして宴会受注や外回りの仕事をしていたのですが、経営母体の買収や環境面が変化する中で、何か資格を取得して、外部に左右されない安定した職を得たいと思ったのがきっかけです。

実際に働いてみて
思ったことと、
前職と違うと感じたことを
教えてください。

私は実務未経験で入職しましたが、社労士資格を持っている以上お客様からはプロとして見られます。あらゆる質問に対して、専門知識をもって的確なアドバイスができないといけません。また制度や法律も変化していきますので、常にアンテナを張り勉強を怠ってはいけないとプロとしての責任を感じ、それが日々の成長につながっています。

また前職ではマニュアルに沿って動くことが多かったのですが、社会保険労務士の仕事は書類作成以外にはマニュアル化されたものは少なく、特に労務相談は臨機応変に自分なりの視点を持って取り組む場面がほとんどです。だからこそ良い結果が生まれた時は達成感とやりがいを感じます。

働くなかで工夫していること
はありますか?

私は家庭がありますので、ワークライフバランスを保つことが大切だと思っています。そのためには仕事中の時間の使い方が非常に重要で、空き時間が出来た時にいかに次の仕事の準備をできるかがポイントだと思っています。

繁忙期などつい仕事に没頭してしまいがちですが、効率よく時間を使う工夫をして、見極めをつけながら業務を行うようにしています。幸い当事務所は年間の大型連休が非常に多いため、仕事とプライベートのメリハリがしっかりつけられる環境であることは嬉しいですね。

応募者の方へメッセージを
お願いします。

社労士業務は個人で抱える仕事が多く、コミュニケーションロスが発生しがちです。しかし、当事務所はイベントなども活発にあり、メンバー間のコミュニケーションが薄くならない風土があります。

個人的には野球が大好きなので、法人契約しているスタジアムのダイヤモンドシートやエキサイティングシートで観戦できるのはとても嬉しいですね。 昇給制度をはじめ、休暇取得や福利厚生面がしっかりしているので、ワークライフバランスを保ちながら働きたいという方には向いていると思います。

ACCESS
ENTRY